タイムウェーバー購入希望者への特典付き個別説明実施中 ココをクリック

33:購入希望者の方へ-タイムウェーバーウィンターセールと認定セラピスト養成講座

germany

この投稿を読むのに 20 分くらいかかります

タイムウェーバーのご購入に興味のある方へ

購入者には3ヶ月間操作トレーニング無料、ビギナーユーザーフォーラムで仲間もできる

2021年ウィンターセールの受付が11/15よりスタートしました!
お申し込みはお早めに

さらに上記トレーニングとフォーラムの利用がすでに購入されたビギナーユーザーさんにもご利用いただけるようにいたしました。やっと購入したけど使えるようになれないんです、という声が複数届きましたのでご要望にお応えしました。(限定5名です)

タイムウェーバー購入希望者への重要なお知らせ

「人生カーナビタイムウェーバー」ブログの読者の皆さんこんにちは。
本日初めて訪れた方々、はじめまして。どうぞよろしくお願いします。

今回の投稿はタイムウェーバー購入希望者、購入したばかりの方への情報が中心となります。

2021タイムウェーバーウィンターセール

先日、タイムウェーバー日本総代理店の(株)カウデザインの営業さんとミーティングを行いました。
例年より早くタイムウェーバーのウィンターセールが実施される、ということで詳細の連絡と確認がありました。

過去2回のウィンターセールは12月に入ってからドイツ本社から案内が来たのですが、今回は11月15日からオーダーを受け付ける様です。

ちなみに、
2年前の最初のセールはクリスマスセールと銘打ってスタートしましたが代理店より先にユーザー宛てのメールが届いた事で代理店も初めて知りました。
注文があったタイムウェーバーをセットして発送する担当者だったMasaも超慌てました。

さすがドイツ人!と感じた唐突な始まり方でしたね(汗)
以前ITサポートで働いていたドイツの半導体メーカー、フランスの化粧品メーカーもそうでしたが、
欧州の人は基本的にあまりアジア(極東地域)に関心が無いのですよね、ははは。
ただ最近の日本での売行きを無視(汗)できなくなったのか、早々に連絡が来る様になったみたいです。

どれくらいお得か?(価格もチラリ)

購入希望者にとってはとても気になる価格ですが、一番売れ筋の

TimeWaverPro++(旧TimeWaverMed++)

の定価がザックリ570万円くらいでしたが、そこから25%Offになるようです。
これに推奨PCを入れると460万をやや超えるくらいで手に入りそうです。
(購入希望者、関心のある方はMasaの個別説明にお申し込み下さい。
価格表を元にご相談をお受けします)
https://timewaver.life

高いですよね。
高級外車の中古が買えるくらい。
国産のそこそこ高級新車が買えるくらい。
中古マンションの頭金くらい?

実はこのセールの金額を見る度にMasaははぁぁぁ〜と黒いため息が出ます。
Masaが購入した2016年当時の価格表では
上記、TimeWaverPro++相当の製品は800万に届く金額でした。
金額聞いて目玉が飛び出てしまい慌てて拾いましたよ笑
とても手が出せず、結局一番安いモジュールの何も入っていない一見寂しい

TimeWaver Basis

を購入しました。それでさえ紆余曲折です。詳しくはこちらの投稿をご覧ください。(おかげでモジュールに頼らない基本的な使い方をマスターできました)

ドイツからの輸入製品なので為替にも影響を受けるので、円安の時など
1,000万ちかい金額で手に入れたユーザーもいたようです。
それから比べたら今のセール価格は半額ですね。

さらにMasaは一つ一つモジュール(アプリ)をオプション購入していったのでとても割高で総額では今のセールでPro++を2台買うくらいになっています。
高級ドイツ車が新車で買えます汗

最初期のユーザーは
何の情報も無い中で直感と情熱だけでそれくらいの金額を出して購入していたのです。

基本的な操作方法以外何のヒントもトレーニングも無しでした。
日本での事例もほとんど無く、セッションをしている人もいない、誰も教えてくれない中、それこそ夜も寝ないで必死に取り組んだユーザーも沢山います。
何事もパイオニアとはそういうものなんでしょうね。

と言うわけでそもそも今の定価自体が当時よりかなり安いです。
さらにセールで安いのです。さらに情報も増え教育体制も整ってきました。(後述します)

2021WinterSale

さらに納得のMasaの個別説明(プライスレス)

こういう歴史があるのでMasaの購入希望者向け個別説明はなるべく詳しくお伝えして納得してもらっています。

そうは言っても、代理店の営業代行としての個別説明ではお伝えできる事に限りがあります。
日本での販売は使用方法などに関して関連法規に準ずる必要がありお伝えできないことも沢山あります。

ここは営業代行の個別説明とは別でMasaが独自に開催している無料体験セッションを申し込んでいただくともう少し突っ込んでお話できます。
(セールが始まったのでスケジュールの確保が大変ですが)

Masaとしては
必要な情報を提供し、納得して購入していただきたいのです。
現在タイムウェーバーに興味を持っている方はブーム初期の直感スピ系は減り、もう少し慎重な方が多いので余計にそう思います。

更にMasaの個別説明を受けて購入していただいた方には特典をつけています。

特典-その1 : 購入後3ヶ月間の無料個別トレーニング

タイムウェーバーは操作が複雑、その考え方も一般的ではありません。
基本的にドイツ語で開発され、英語に翻訳されていますが日本語は機械翻訳です。
誤訳も多く、独りぼっちで習熟しようにも次から次へのハードルが現れます。
そこをMasaがフォローして何とか独りで工夫しながら使えるレベル目指します。
その為に無料で個人トレーニングをしています。

特典-その2:ビギナーズフォーラム

さらに同時期に購入した方が集うフォーラムを運営しています。
簡単な疑問・質問はそこで解決できます。
同じ問題を抱えたビギナーユーザー同士です。
自然と仲間意識も芽生えます。

ひとりぼっちじゃ寂しいですよね。

特典-その3:独自情報網によるサポート

Masaは代理店にてユーザーサポートをしていた経歴から初期からのタイムウェーバーユーザーとも繋がりがあります。
Masa独りでは解決できない疑問や質問も彼らにヒントをもらえる環境があります。
また、一般ユーザーではわからないような部分に関しても代理店営業やサポートスタッフ(Masaの後任者)と連携して解決に導くことが可能です。

新しい個別説明申込みサイト

今回、タイムウェーバー販売のセールスエージェントとしてMasaの個別説明に申込する為のサイトを新たに制作しました。

今までのサイトはMasa個人がポチポチと素人デザインで作った???なものでしたが、
今回からはプロの手が入ったキレイでわかりやすいサイトです。
上記の特徴をわかりやすく解説していますので是非ご覧下さい。

Masaのタイムウェーバー個別説明
https://timewaver.life

苦しんでいる社長さんを助けたい

実はこの個別説明サイト、デザインしてくれたのは前回のサマーセールで購入されたWebデザイナーのユーザーさんです。

元々、2021年はじめに企画したMasaのタイムウェーバーセルフセラピーに参加してくれた女性でした。
セッションを続けていく事で夢まで見たタイムウェーバーをあっという間に手に入れました。

彼女はこれまでお世話になった社長さん達、
コロナ渦など時代の波に翻弄され売上低迷で困っている小規模ビジネスのオーナーをタイムウェーバーで助けるために購入したのです。

現在、WebデザインやWebマーケティングなどビジネス分野でのタイムウェーバー活用を試行錯誤しています。
というわけでWebサイト制作で困っているMasaさんも助けてもらいました汗
今回のサイト制作はすでにセッションで信頼関係ができているこのユーザーさんに依頼しました。
お互いの考えをじっくり摺り合わせた後はお任せで一気にサイトを作ったという感じでした。
そして、要所要所でタイムウェーバーを活用しています。

ビジネス、Web制作にもタイムウェーバーを活用

何度かデザイナーさんの済む神戸にお邪魔して打合せをし、お互いの考えを共有しました。その後はあっという間に仕上げて下さいました。
何か判断に迷う時はMasaとデザイナーさんとでタイムウェーバーを使いながら試行錯誤しました。

これは通常なら実際にサイトをオープンさせてからアクセス状況、成約状況を見て行う試行錯誤(ABテスト)を事前にやっている感覚です。
サイトのプラットフォーム、キャッチコピー、画像やイメージの位置など詳細に分析しました。
彼女もそうやってタイムウェーバーの操作や工夫の仕方に慣れていったのです。

タイムウェーバーにはWeb制作やWebマーケティング、ビジネス領域で活用できると実感した試みでした。

今後はタイムウェーバーのビジネス活用を重視

タイムウェーバーの1つの活用法、メリットに

「やってみないとわからない」が「やる前にわかる」

という部分があると常々感じていました。
もちろん100%なんて世の中にありません。でもやってみる前にある程度方向、リスクを探れる。

どうしても「出たとこ勝負」の要素が拭えないビジネスのリスクをこういったカタチで減らせるのは
ビジネスオーナー、経営者にとっての大きなメリットではないでしょうか?

当然、効果を最大限にするための調整もできますが
その”調整”に完全に依存して「何かいい事起きないかな❤️」なんて経営者は居ないですよね。

タイムウェーバーのビジネス活用は
避けては通れないビジネスのリスクを減らし優位性を高める。
さらに経営者の意識のブレを正し、自分がどこへ向かっているかを俯瞰できる効果があるのです。

また、神戸にはMasaの「タイムウェーバーセルフセラピー」に年初から参加した別のクライアントさんもいます。
彼女もセッションを受け続ける事で今年の初めには全く予想もできなかったすばらしい体験をしました。
(そのうち事例として皆さんにお知らせしたいくらいです)

前回の打合せにはこちらの女性も合流して意見を伺いながら(ついでに神戸観光などもして笑)
とても楽しいひとときを過ごしました。いやーほんとに楽しかったなぁ。
(身をもってタイムウェーバーの効果を体験した彼女もビジネス利用目的で購入を希望しています)

Masaはこの神戸で始まったタイムウェーバーのムーブメントを

Project“K”

と勝手に名付けています。
(アニオタ、クルマオタに有名な漫画、あの”イニシャルD”のプロジェクト名のパクリです笑)

タイムウェーバーを活用したビジネス、Web制作・マーケティングを試したい方はこの

Project”K”

で一緒に試行錯誤しましょう。
Masaも全面的に協力します。
まだまだトライアルの最中ですが何かしらのカタチが出来上がると思います。
主に小規模事業者を想定しています。

Masa自身も今後は個人セッションよりもビジネス活用にシフトしていきます。
興味のある方はご相談下さい。(次回はこの辺の投稿をしたいと考えています)

タイムウェーバーユーザーへの重要なお知らせ(正規ユーザー、非正規ユーザーどちらにも重要)

MasaがProject”K”に取り組んでいた時期と同時期にタイムウェーバーユーザーにとっても新たな流れができてきました。

Masaがこのブログで何度も触れ危惧していた
”未熟なユーザーが行う未熟なセッションを受けて残念な思いをしているクライアントさん”
の存在です。
何度もブログに相談があったこの問題を改善する1つの方策が示されたことは前回の投稿でも触れました。

CIF(意識情報フィールド研究所)の認定セラピスト養成講座

前回ご紹介しましたようにタイムウェーバーを日本に導入した第一人者(スタッフ時代のボスですね汗)
”寺岡里紗さん”
が理事を務める

「意識情報フィールド研究所(CIF)」

が主催する

「認定TimeWaverセラピスト養成講座」

の第一期が開催されました。
全6日間講義+受講者同士相互セッション+実践レポート+修了試験セッション・レポート
という盛りだくさんで実践的な内容です。

微妙な立場で潜り込みました

Masaは当初(今も)この認定試験にパスして認定セラピストになろうという意志はありません。

というのも、
そもそもMasaはタイムウェーバーの個人セラピーを実施することを主業とするセラピストではありません。
いちオペレーターであり、タイムウェーバーを日本に適切に拡げるというポジションです。
お墨付きの認定をいただいてセラピーを営業する、という意志はありません。(今後はビジネス活用にシフト)

ただ、その内容はどうしても気になる。
今後、日本のタイムウェーバーセラピー業界の方向性に大きな影響を与えるであろうと予想したからです。

そうは言っても認定講座を受講して実践レポートなどをこなす時間もエネルギーもない(汗汗)

と言うことでムリを承知でオブザーバー参加して内容をチラ見させてもらえないか?と打診していました。
寺岡里紗さんをはじめ関係者の寛大な計らいによって”多少の手伝い”を条件にオブザーバー参加が認められ
、先日Day1、Day2をチラ見してきました。

あらためてタイムウェーバーの本流に触れてみて

推測の域を出ないのですが、このプログラムはこれまで代理店での事業の1つとして取り組んでいた

「InfoTherapy」

というタイムウェーバーをはじめとしたエネルギーデバイスセラピー事業で開催されていた

「社内セラピスト養成講座」

がベースではないでしょうか?
寺岡里紗さん指導の下で現在活躍しているセラピストさん達が最初に学んだプログラムです。そのバージョンアップ版ではないか?と感じました。

このブログでも何度も触れていますがタイムウェーバーの使い方はユーザー・セラピストの数だけあります。
こう使わなくてはならない、というモノはありません。
正解は1つではないのです。
なので、あくまでもこのプログラムは寺岡里紗さんの長年の経験を基に構築されたプログラムをベースにさらに一般的にしたものと感じました。

在職中も興味はあったのですが、在職中のMasaの仕事には関わらない部分だったので当時のプログラムの内容は知りませんが、そう感じました。
第一人者の寺岡里紗さんが築き上げたセッション方法となればそれが本流とも言えるかも知れません。

全6回中のDay1-Day2をのチラ見

CIFのスタッフが代理店から移籍してきた方が多いのでほとんどが顔を知る間柄ではあるものの、
一応外部の人間としてお手伝いをしながら講座をチラ見した、という感じです。
その参加者の顔ぶれは

・最近購入されたユーザー

・ずいぶん前に購入したけど難しくて放置だったユーザー

・結構経験のあるベテランなのに学び直そうという姿勢(素晴らしい!)で参加したユーザー(知人です笑)

・レンタル・時間貸しなどの非正規ユーザーでやっと正規の学びの場を得て参加された方
(CIFはデバイスを所有していない方も入会できる学びの場です)

などでした。
今回、その講座をチラ見して感じたことは、
第一に

「あぁ自分もそんなにハズしたことはしてなかったな〜(安堵)」

です。結局、Masaも情報が無い中で試行錯誤、自己流で使っていたわけです。
その利用法が果たして合っているのだろうか?という根本的な疑問があったからこそ代理店の仕事に飛びついたわけで。

代理店での情報に触れていくウチに自分の使い方も大枠ハズしてはいないだろうと感じていましたが(それでユーザーサポートしていたわけですし、、汗汗)
今回講座として正式なプログラムをチラ見していて感じたわけです。

ただ、自分の使い方が「浅い」とも感じました。
もっと深掘りできる、もっと活用できるという可能性も感じました。

Masaが感じたメリット

その上で、Masaが感じたこれからタイムウェーバーを学びたい方がこの養成講座を受ける事で得られるメリットを上げてみます。

1,ラジオニクスデバイスの歴史や基礎が学べる(自力で調べて、は大変)

2,その動作原理や理屈(初歩の初歩だと思うけど)を学ぶことでどう言う姿勢で取組むべきか?何が大切か?が理解できる

3,具体的に何をするのか?が体得できる(ヒアリング→操作→分析→解釈→相手に伝える)

4,参加者がお互いに自分の考えをアウトプットし、その反応・手応えを感じることが出来る(これはボッチで学んでも絶対に得られない)

5,共に学ぶ仲間が出来る(相互セッションなどでお互いを知る機会もある)

まだ、Day3以降をチラ見していないのでこの程度ですが、
今後Masaも知らない「こんなんあったんかー!」という内容が出てきそうです。
とにかく、ボッチで放置され電源も入れなくなる、という悲しい現実はこの講座受講で回避できそうです。

また、一部の非正規ユーザーの受け皿となることで
現在、あちこちに生息するらしいレンタルユーザーや時間貸しによるにわかセラピストが実施する自己流セッションで発生していた
「まったく訳が分からなかったの、、泣」
という被害者が減ると想像します。
(コレ、購入した正規ユーザーにも結構いるらしいです。セッション希望者はセラピストを慎重に選んで下さい)

講座受講後、試験にパスして無事に認定の称号が与えられれば、”訳わからないセッション”を回避できるのでは?と思います。

Masaが感じたデメリット(いまいちポイント)

で、このブログが代理店やCIFの広告塔であるなら

CIFヨイショ記事
養成講座万歳記事

としてここで終わりです。
Masaのブログがそこで終わるわけがありません。(ニヤリ)

Masaが感じたデメリットや今後の課題もありますよ。

まず、

・関連法規は厳しく!
→自らのクビを絞めかねないのでガンガンやってほしい。
ついでにCIFはヤヴァいユーザーに注意勧告してほしい。

・受講費が高額
→これは妥当と思える部分もありますが、タイムウェーバー本体の購入でカツカツだった人には辛い。ギリギリ購入だったあの時のMasaではムリ。
なんらかのセッションやサービスを提供できるようになってキャッシュが生み出さている方ならハードルも高くないですが、そもそもそれがまだできないビギナー向けの講座です。購入時で予算を使い果たし受講が厳しい人も多いのではないでしょうか?
(このギャップを埋めるのにMasaの個別説明の特典が生きるのですよ、宣伝ですニヤリ)

・会場参加にデメリットがある
→これはメリットと相反するのですが、今のところ、遠方の方は参加できない。
リモート参加、動画受講できるようにすれば良いのですが上記の大きなメリットが失われる。
なんとも苦しい所です。

・今後を担うトレーナー
→1期は寺岡里紗さんが直接登壇して講師をしていますが、今後は各トレーナーが担当することになるでしょう。どこまで担えるのか?という部分が未知数です。
でも各トレーナーの特色を活かすことで寺岡里紗さんより伝わりやすくなる可能性も秘めています。
がんばれトレーナーさん。

・受講者のレベルが様々
→基本操作もおぼつかない方もポツリポツリ見受けられました。
ここは受講前の何かの方策が必要です。
講座について行けない可能性や他の受講者の負担(同じお金を払っているのにお世話係になってしまう)に繋がる可能性があります。
受講を考えている方は事前に用意されている動画トレーニングを
見ながらなら使える、ではなく
見ないで使えるレベル
になってから受講して下さい。

・もう少しマンパワーが欲しい
→今後いろんな受講生(困ったちゃん)が現れる事は容易に想像出来ます。
それを考えると外部お手伝いさんがいなくとも問題の無いマンパワーが欲しいですな笑
(おかげで今回はオブザーバー参加できているというラッキーもあるのですが。。)

・この手法に固執・満足してしまいオリジナルの模索に向かわない可能性
→この講座で学んだことを実践できる様になることが大前提で認定を受けたセラピストからは同質のセッションを受けられる様になるハズですが、
タイムウェーバーの醍醐味である自分オリジナルの自由な使い方、に向かわずにここで止まる可能性があるかも知れないと感じました。
最初から誰かから学ぶ、という姿勢に慣れてしまうことで自主性が失われはしないか?と感じたのも事実です。
自分で考えることができるセラピスト、という触れ込みですがあくまでもこのセッションでの疑問や問題についてなので。
コレさえやっとけば外さない、タイムウェーバーセッションのオーソリティ、本流を学ぶところから始めても
タイムウェーバーとの時間が楽しいと感じるのは自分のオリジナルな使い方で変化を感じられる時だとも思うのです。
放置でなんでも自力が当たり前だった初期ユーザーのひがみかも知れませんね。(今はなんて恵まれてるんだ)

Masaの現時点での立場と結論

<立場>
Masaの立場はタイムウェーバーオペレーターではあるけど
個人セッションを主業にするセラピスト、ではなく
タイムウェーバーを日本に最適に拡げる立場に“より”シフトします。
更にビジネス活用を模索します。
なのでセラピスト認定を取得する予定は現時点ではありません。。
(もちろん変わる可能性はありますよ)

正直言って、
ブログ開設当時のモチベーションだった
「訳の分からない情報の氾濫を危惧」
はスピ系さん達の大騒ぎが終わって薄らぎました。

その後、
「訳の分からないセラピストによる残念セッションを危惧」
というモチベーションに変化したのですが、
このCIF設立と認定講座の開設によりここもフェードアウトしていくでしょう。

評判がイマイチな認定のないセラピストは市場から消えていくだろうし、
内容と金額が釣り合わないという噂が聞こえてくる亜流の養成講座も見直しに迫られるでしょう。だって同じような金額だったら本流が良いですよね。

願わくば、本流の内容をマスターした後に更に自分オリジナルの使い方を模索、という段階で機能する亜流の養成講座になってほしいものです。

<結論>
周りに教えてくれる人もいない。
自力で開拓していくバイタリティーもない。
でも一定レベルで使えるようになりたい。
残念なセッションをしてクライアントさんを悲しませたくない。

そんなユーザーは是非受講を!(ソコソコ高いけど…)

 

「毒入り」コメント:
現在残念なセッションをしてクライアントさんを悲しませているユーザーの方々の一定数はそんな自分に疑問すら持っていないでしょう。
認定講座を受講しようとも思わないかも知れません。
そんな似非セラピストや野良ユーザーを駆逐するには心あるビギナーユーザーのあなたが受講して一定レベルになる必要があるのです!

そしてセッションを希望する方はキラキラなWebサイトなどのイメージなどに騙されずよく調べて受けてください。
事前にミスマッチが無いか質問してください。マジメな質問に何の返事も無いのであればその程度です。
そうするウチにそんな残念なところへ行くお客さんが減ってそのうち消えていきます。

セラピスト、セッションというと何でもありな業界ですが基本として対価を払って受けるサービスです。
ビジネス(商売)なのです。ミスマッチを防ぎお客様の満足度を上げるのはサービス提供側の仕事です。

初期からのベテランでスキルも人望もある方は既存客のクチコミで回っているので
必要以上にキラキラなWebサイトや煽りマーケティングする必要もないわけです。
認定を受ける必要を感じていない人も居ます。

一方CIFは認定の必要と感じていないベテランも受講してみたいと思える講座内容にどんどんレベルアップしてほしい。

ユーザーの声に耳を傾けず独りよがりになって儲け主義に走ったら
「結局何も変わらないじゃねーか」
と烙印を押されて相手にされなくなります。また隙をついて変な輩が出てきますヨ!

タイムウェーバー購入希望者へお知らせ

やっと営業代行のセールスエージェントへ登録することができました。(2021.04)
当方の個別説明を受けていただくことでタイムウェーバー販売総代理店カウデザインさんから見積もりを取って購入手続きに進むことができます。

もちろん、購入に関わるあらゆる相談を受けることができます。

すぐに購入できない方もとりあえず見積りをすることが可能です。
(それが実現へ向かう第一歩です!そこからスタートです)

代理店営業スタッフとは顔見知りですし常に情報共有しておりますので納品までキッチリお手伝いいたします。
注意!先にカウデザインさんの個別説明を受けると当方からはご案内できなくなります。
また、基本的に購入後のフォローは総代理店さんにお任せすることになっています。
基本的に既存ユーザーからの“紹介”も“営業代行のセールスエージェント”も購入後に紹介者をフォローをする責務はありません。

しかしながら、最近どうしても代理店のトレーニングだけでは先に進めなくなっているビギナーユーザーさんがいらっしゃるようですのでMasaから個別説明を受けて購入された方へ特別フォロープログラムを用意しました。詳しくはこちらをご覧ください。

Masa個別説明申込み

 

クレームなど諸々は下のメッセージ欄からどうぞ。
ネガティブな内容に関しては基本返事はしません。
ポジティブなご相談には気合を入れて返信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です